ETCから来た新着論文のアラートにあったもの。まだ要旨しか見れないけど、面白そうだったのでメモしておきます。影響レベルの高い物質・濃度同士を組み合わせると相乗効果だが、影響の低い物質・濃度同士ならば濃度加算モデル(CA model)で説明できる、というものらしい。

 

Nys C., Asselman J., Hochmuth J.D., Janssen C.R., Blust R., Smolders E. and De Schamphelaere K.A.C., 2015, Mixture toxicity of nickel and zinc to Daphnia magna is non-interactive at low effect sizes, but becomes synergistic at high effect sizes Charlotte Nys, Environ. Toxicol. Chem., accepted.